【7月新曲紹介】夏バテにも負けず、溢れんばかりの元気なボリウッドソングで踊りましょう!

BOLLYQUEは、8月に2周年を迎えることになりました。2周年を迎えることができたのも、継続してレッスンを楽しんでくださっている皆さまのおかげであること、心から感謝しております。2周年を記念して【アニバーサリーイベント】として、特別フィットネスクラス(8/28)と、特別ダンスワークショップ(オンライン8/6(土)スタジオ:8/7(日))を行います。ご希望の参加プログラムに応じて5つの【パッケージ】をご用意しておりますのぜぜひご参加ください!詳細はアニバーサリー特設ページに記載しております。


Bollyqueのレッスンでは毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加しています。このブログでご紹介するMusic Video(以下MV)を見てから参加すると、レッスンの楽しさ10倍です♪今月のレッスンを受ける前にぜひ予習をしてみてください!


各クラスのSpotifyプレイリストはリンクをクリック!

はじめてのボリウッドクラス

チャメリクラス

ゲンダクラス

カマルクラス

スタジオクラス


ボリウッドフィットネスが気になったらレッスンを早速予約してください♪体験レッスンは随時受付中です。

レッスンのご予約はこちら


※以下、クラス名の略称はB:はじめてのボリウッド、C: チャメリ, G: ゲンダ, K:カマル

(1)Oo La La【クラス:C,G,K,B】

● 映画「結婚は慎重に!(Shubh Mangal Zyada Saavdhan)」(2020)

インド初の「ゲイが主演のコメディ」です。インドでは2019年に同性愛が合法化されました。その合法化後初めて、メインストリーム映画でゲイが主役を務めた事で話題になった作品です。日本は先日、大阪地裁の判決で「同性婚を認めない」のは合憲とされた事が話題となり、日本社会におけるダイバーシティーの理解不足が露呈しました。インドも日本と同じように同性愛者の社会的人権問題が課題となっています。カミングアウトの過程での葛藤や、家族との付き合い方などの観点を、性格が対照的な主人公2人の視点でユーモアあふれる形で描いた映画です。


● 曲について

Arey Pyaar Kar Le”や”Pyaar Tenu Karda Gabru”など、以前にも何度かこの映画の曲をBOLLYQUEのレッスンやYouTube動画で踊っていますね!どの曲も耳に残る曲ですが、今月からウォームアップで使うこの曲もとってもキャッチーで楽しい曲です。


シーンとしては、映画のオープニングでダブル主演の2人が登場するシーンがこの曲です。個性は俳優のアユシュマンが登場するのを想像しながら、元気よく踊り始めましょう!


(2)Dus Bahane【クラス:G ,K】

● 映画「Dus」(2005)

インドの反テロ活動組織が繰り広げる、アクションサスペンス映画。映画のタイトル「DUS」とはヒンディー語で数字の10という意味。集められた7人の捜索員からなる反テロ活動組織は、「5月10日、ジャムワールなる人物が 大規模なテロを画策している」という情報を入手します。 事前にテロを阻止するために手掛かりを追っていく、見事なサスペンスストーリーだそうです。


●  主演のサンジャイ・ダット

サンジャイ・ダットは、とにかく経歴だけを見るとヤクザのような俳優さんです。大学生から10年間薬物中毒になりアメリカにリハビリへ行き、1993年に起きた「ボンベイ連続爆弾テロ事件」ではテロ事件に関与した容疑がかけられたり、結果テロ事件の関与は無罪となったものの、武器の不法所持に関しては有罪判決を下し懲役6年となった過去を持ちます。驚くのは、出所後1年もしないうちに新しい映画に出演しているところです。日本のタレントや俳優さんが一度刑務所に入ったら2度と映画には出れませんが、インドではそんなケースがあるのですね。


● 曲 ”Dus Bahane”

2005年のMVは時代を感じさせる「西洋のセクシーな女性と、ギラついてる俺」のような設定です。今でこそボリウッド映画には西洋の女性がクラブで踊っているところを、エンターテイメントかのように消費する、違和感満載の絵面が少なくなりましたが、少し前まではこういったレイジズム・ミソジニーが蔓延るMVはたくさんありました。


つい最近では、2020年にはリメイクされ"Dus Bahane 2.0"の方がパーティーなどで耳にします。今後は過剰にセクシャルすぎる男女の絡みが多く、どちらのMVもあまり目を当てられないですね。笑 このキャッチーな音楽を楽しんで踊られればよしとしましょう!


(3)Ghagra【クラス:C】

● 映画「若さは向こうみず」"Yeh Jawaani hai Deewani"(2015)

現在ゲンダクラスで踊っている"Badtameez Dil"と同じ映画。まさに「ボリウッド」っぽさ全開の、ゴージャスで青春が詰まった映画です。主演のディーピカ演じる医学生のナイナは親しい友達も少なく勉強漬けの退屈な毎日を過ごしていたところ、たまたま昔のクラスメイトのアディティと再会します。アディティは元同級生の友達と行くトレッキング旅行にナイナを誘います。ナイナの母親はアディティの自由奔放なスタイルに嫌悪感を示しますが、ナイナは旅行への参加を決め、半ば家出のように旅行に参加します。そこで一緒に旅行をしたクラスメイトの一人カビールの事をナイナが好きになり告白しようとするのですが・・・


●  盛りだくさんのダンスシーン!

え、この曲もこの映画なの!?というほど名曲がたくさん詰まった映画です。音楽が良い映画はつまらない説がありますが、この映画はプロットも曲の出来も、楽曲のクオリティも高いと好評です。この曲は、インドの20-30代が口を揃えて「彼女の映画を観て育った」というほどの大女優マドゥリ・ディークシットが、アイテムダンサーとして特別出演しています。主演のランビールも「子供の頃のアイドルと踊れたことはキャリアの中の一つの節目だった」と言っています。それもそのはず。二人の息もぴったりで、2人の掛け合いが楽しめる振り付けですね。


● 曲と歌詞

Ghagraとはヒンディー語で「スカート」という意味。特に、西インドのグジャラート地方などの踊りで使う、ギャザーが多いのスカートをさします。もしお持ちでしたら、スカートをふりながらカンカンダンスのように踊りましょう!


(4) Besharam【クラス:K】

 映画『Besharam』(2013)

高級車狙いの自動車泥棒をしていた主人公が、ある日結婚式の会場で出会った女の子に一目惚れをします。ところが、主人公がその女の子の買ったばかりの車を、それとは知らずに盗み、修理工場に売り払ってしまいます。そんな主人公が一目惚れした女の子に言われたのが、映画のタイトルでもある「恥知らず(Besharam)」という言葉でした。そのあと主人公と女の子は車を探しに旅に出て、物語は進んでいきます。


● フォーブス・セレブリティ・インディア100で何度も選出される、インドで最も稼ぐ俳優さんの一人ランビール・カプール

(3)の曲と同じ俳優さん、ランビール・カプールが出演しているMVです。彼は今年になってアーリア・バッドちゃんと結婚し、つい先月2人の間に子供ができたことがニュースになっていました。

ランビール・カプールはボリウッドの名家カプール家に生まれ、俳優を目指しながらも、大学の選考や卒業後のキャリアとして監督・制作スタッフの道に進んでいました。2005年にバンサーリーの作品「Black」で助監督を務め、その次のバンサーリー映画で主演にしてもらうコネクションを作ります。なんと、初映画がバンサーリー主演という、名家の息子でなくては考えられないデビューでした。以降彼の演技は高い評価を受け続け、実力派俳優として今でも活動しています。


● 曲と歌詞

初対面の相手に恥知らず(Besharam)」と呼ばれる姿が納得できる、癖の強い顔芸を最大限に活かしたオモシロダンスです。2013年は世界的にPSYの"カンナムスタイル"が流行った年で、この曲もなんとなくその影響を受けたビートですよね。実はこの映画には実の父と母と共演していますが、批評家から「カプールの恥の殿堂」と酷評されました。。


(5) The Punjaabban Song【クラス:K】

● 映画『JugJug Jeeyo』 (2022/06)

6/24に公開されたばかりの最新ボリウッド映画!映画のタイトルは「幸せに長生きして」という意味。カナダに住むインド系の幼馴染カップルが結婚することになるものの、仕事に対する野望や人生のステージの違いから離婚の危機に。そこで、親戚の結婚式に仲が良い夫婦のフリをして参列しなくてはならなくなり、一緒にインドへ旅行するものの、インドでは不倫をしている父を目の当たりにします。


● 曲 "The Punjaabban Song"

2002年のパキスタンの曲"Nach Punjaban Nach"のリメイク。歌詞の内容としては、「プンジャビの人のように思いっきり楽しんで!」という、まるで映画の中の恋愛や離婚の話とは全く関係ないトトーンにしました!



レッスンのご予約はこちら








レッスンで皆様にお会いできること、楽しみにしております!


BOLLYQUE

閲覧数:166回0件のコメント