top of page
  • 執筆者の写真BOLLYQUE

【6月新曲紹介】20年経っても愛されるボリウッドの名曲たち!

更新日:2023年6月17日

今月のBOLLYQUEのレッスンは、1990年代から2020年代まで色々な時代の曲の中でも、ボリウッドパーティーやパフォーマンスをみに行ったら必ず流れるような王道ソングを中心に新曲を選びました!映画の内容と曲の特徴にいついて詳しく解説していきますね。


Bollyqueのレッスンでは毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加しています。このブログでは、今月新しくセットリストに追加される4曲をご紹介します!


各クラスのSpotifyプレイリストはリンクをクリック!


ボリウッドフィットネスが気になったらレッスンを早速予約してください♪体験レッスンは随時受付中です。


※以下、クラス名の略称はB:はじめてのボリウッド、C: チャメリ, G: ゲンダ, K:カマル

(1) Chal Chaiya Chaiya【クラス:B + C + G + K】

● 映画『Dil Se 心から』(1998)

若きシャールク・カーンの代表作。1990年代のボリウッド映画を語るのに外せない映画の一つです。ポリティカル・サスペンスでありラブロマンス映画でもある本映画は、シャールク演じるラジオ局ディレクターのアマルが、ある日駅で列車待ちをしていると、たたずむ1人の女性に一目ぼれするところから始まります。メグナと名乗る彼女を追ううちに、アマルは彼女の仲間という連中からリンチを受けます。彼らはインドからの分離独立を目指すテロ組織で、メグナもその一員でした。数日後、突然メグナがアマルの家に現れ、仕事と家を提供してほしいと懇願するも、それはすべてテロを決行するための作戦でした・・・。インドの歴史的背景を知りながら苦いラブロマンスを見たい方にはおすすめの映画です。


● 曲”Chal Chaiya Chaiya”

この映画はもちろんですが、この曲もボリウッドを語る上で外せない一曲です。CGではなく、かなりのスピードをあげて走る列車の上で実際に撮影されたMV!! 撮影クルーは命綱に繋がれているものの、"Thrilling"な経験だったと語っています。

シーンとしては映画の冒頭で、シャールクが女性に一目惚れする場面。駅でチャイを飲みながらさっき会った女性に思いをふけているところの「妄想」シーンと言えるでしょうか。そのため、踊っているダンサーは映画の登場人物とは関係ないアイテムダンサーで、今でも第一線で活躍するマライカ・アローラです。


BOLLYQUEは昨年、この曲のリミックスを、横浜で開催されたディワリフェスティバルのオープニング曲として踊りました。ヒップホップリミックスに合わせて全員で踊ったかっこいい作品もCHECKしてみてください。


(2)Dil Dooba【クラス: C】

● 映画「Khakee」 (2004)

映画のタイトル「Khakee」とは、「カーキー色」の「カーキー」で、ヒンディー語から英語に借用された言葉のひとつです。インドでは警察官がカーキー色の制服を着ていることから、警察服のことを意味しています。本映画は社会派のアクション映画で、テロリストとされる医者が逮捕され、裁判にかけるために警官がムンバイまで護送することになったものの、テロリスト集団が襲ってきて事件が大きくなっていくというストーリーです。この映画が社会派である点として挙げられるのは、アミターブ・バッチャン演じる警官が、「警察官は仕事という名の下に庶民をいじめることしかしていない。警察官の第一の目標は、正義を助け、悪を滅ぼすことだ」と述べ、庶民の警察に対する怒りを代弁していたところに現れているそうです。


●  曲について

この映に出てくる複数のダンスシーンでは、ボンドガールの候補にもなったインドのスター俳優、アイシュワリアとアクシャイのペアが大活躍しています。その中でも、この耳に残る曲は2000年代の名曲としてミレニアル世代に親しまれています!MVには撮影セットは映り込むわ、後ろで爆発しているわ、常にエフェクトで人が光っているわ、よく設定がわからないのですが、このシグネチャーノコギリダンスを一緒に踊りましょう!


(3)Maine Pi Rakhi Hai【クラス:G】

● 映画「Tu Jhoothi Main Makkaar 」(2023)

先月からカマルクラスでも踊っているランビール・カプールの新曲と同じ映画。この曲をBollyqueで踊れば、本映画の曲は全てコンプリートです!


主人公のミッキーは実家暮らしの金持ち息子で、サイドビジネスとしてカップルを別れさせるコンサルタントをしています。ある日親友カップルの友人と恋に落ちるのですが、その恋人からコンサルタントとしてミッキー宛に「彼と別れたい」と言う案件を引き受けます。ラブコメディとしてはなかなかの高評価を受け、興行収入的にも成功を収めています。


● 曲について

タイトルの「Maine Pi Rakhi Hai」は「私はたくさんお酒を飲んだよ〜」というニュアンスなので、ショットを飲んでいる手の動きがたくさん出てきます。本映画のヒロインのシュラッダー・カプールちゃんは、いつにも増してダンスが上手な気が!いつもヒップホップやセクシーなダンスを簡単に踊るシュラッダーちゃんですが、何と言っても彼女の武器は表情管理だと思います。調べてみたところ、シュラッダーちゃんはボストン大学のサークルでダンスを踊っていたとか。大学のダンスでここまでモノにしてしまうのは本当に努力の成果ですね。


(4) Morni Banke【クラス:K】

● 映画「Badhaai Ho 」(2018)

アーユシュマーン・クラーナー演じる主人公ははデリーの会社に勤める25歳。仕事も恋も順調で平和に暮らしてい他ところ、40代の母が妊娠し突然の出来事に家族一同当惑します。妊娠はすぐに近所の人たちの噂になり、からかわれ、平和な生活が一転します。本曲は主人公がその彼女にプロポーズしながらおどつているパーティーのシーンです。


● バングラダンス

以前YouTube動画でこの曲の振り付け解説動画を公開させていただきました🔻!

この動画でも紹介させれいただいている通り、バングラは北インドのパンジャブ州で踊られているフォークダンスで、いくつか決まったベーシックステップがあります。

今回のカマルクラスでも、その型を組み合わせて踊りますのでバングラの基礎を習うのにピッタリです!


(5) Kar Gayi Chuull 【クラス:K】

● 映画『カプール家の家族写真 (Kapoor & Sons)』(2016)

カプール家の最年長でもうすぐ90歳になるアマルジートが心臓発作で倒れるところから映画が始まります。アマルジートの孫でイギリスとアメリカでそれぞれ独立して生活していた兄弟2人は、急遽実家のあるタミル・ナードゥ州クーヌールへ戻ってきます。離れ離れで暮らす家族ですが、アマルジートの入院を機に集合して、お互いの想いが爆発するのですが大切にしたい家族なのに上手くいかない難しさがうまく描かれています。


● Badshahの2大名曲が使われた映画

この映画では、みんな大好きヒップホップシンガーのバディシャが2曲ほど楽曲提供をしていますが、どちらもノリが良く、必ずボリウッドソングパーティーでかかる曲です!今回Kamalクラスで踊る"Kar Gayi Chuull"は、映画の弟役アルジュン(シッダールト)とティア(アーリア)が出会うパーティーのシーン。大学生のパーティーのように飲んで踊ってと楽しそうなノリがいいですよね。

そしてもう一つのバディシャの曲も必ずボリウッドパーティーでかかるLet's Nacho!ぜひこちらも併せて聴いてください♪







レッスンで皆様にお会いできること、楽しみにしております!


BOLLYQUE

閲覧数:159回0件のコメント

Komentar


bottom of page