【5月新曲紹介】今アツい!南インドの映画特集で激しめダンスで滝汗フィットネス

今月は「南インド」の映画特集です。実はボリウッドとは、インドの西に位置するムンバイを拠点としたインド産業のことのみを指します。インドにはボリウッド以外にも、コリウッドやサンダルウッドといった、さまざまな地域で制作された映画産業があります。今月はその中でも南インドの映画のみを特集します♪


Bollyqueのレッスンでは毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加しています。このブログでご紹介するMusic Video(以下MV)を見てから参加すると、楽しさ10倍です♪今月のレッスンを受ける前にぜひ予習をしてみてください!


各クラスのSpotifyプレイリストは

リンクをクリック!


はじめてのボリウッドクラス

チャメリクラス

ゲンダクラス

カマルクラス


ボリウッドフィットネスが気になったらレッスンを早速予約してください♪体験レッスンは随時受付中です。

レッスンのご予約はこちら


※以下、クラス名の略称はB:はじめてのボリウッド、C: チャメリ, G: ゲンダ, K:カマル


(1)Maari Thara Local【クラス:C,K】

● 映画「マーリ(Maari)」(2015)

南インドのタミル・ナンドゥー州の州都、チェンナイにて撮影されたタミル語の映画です。主演はタミル映画界のスターで、日本でも人気のあるダヌシュ。彼がタミル映画中に踊るクトゥダンスはどれも見ものです。以前BOLLYQUEで踊った"Chill Bro"なども彼が踊っています。


あらすじ:チェンナイの下町に住むマーリは、その地域を仕切る極道として皆に恐れられる存在でした。マーリは鳩レースが趣味で、鳩の前では柔和な一面も見せます。そんな彼の前に、新しく地区の担当になったアルジュン警部とブティック経営者のシュリーが登場し、波乱が起こります。


● 南インドのチンピラスタイル

派手なシャツとジャラジャラとした金鎖のファッションは、タミル語スラングでマイナル(minor)と呼ばれるものだそうです。マイナルは元々は田舎の金回りのいい伊達男を形容する言葉で、金鎖は「マイナル・チェーン」とも称されるそうです。ぜひこんな衣装でいつかクトゥダンスを踊ってみたいですね。


● タミル映画の大人気音楽プロデューサー Anirudh (アニルド)

アニルドは大物俳優の息子で、現在タミル映画の音楽プロデューサーとして数々の賞を総ナメするほど活躍しています。過去にBOLLYQUEで踊ったタミルソングでは"Challema"や”Vaathi Coming”が彼がプロデュースしたもの。そして本ブログで4つ目に紹介する"Arabic Kuthu"も彼自身が歌っています。もしタミルで流行っている歌手は誰?と聞かれたら、アニルドのSpotifyプレイリストを紹介してあげてください。本MVでも途中でダヌシュと踊り、群衆に担がれて消えていきます。



(2)Saami Saami【クラス:C】

● 映画「Pushpa: The Rise- Part 1」(2021)

2021年に公開されたテルグ語のアクション映画。現在全クラスで踊っている"Oo Antava"と同じ映画です。4ヶ国語で同時公開し、「2021年最も良い映画」とメディアから高評価を受けました。舞台は南インドのアンドラプラディシュ州。「レッド・サンダルウッド」という希少価値が高い木が、密輸売買されている社会問題を背景にしたもの。主人公はその不法伐採に関わっている男で、密輸組織内の政治や警察とのやり合いを暴力とアクションてんこ盛りで描いています。


●  曲について

マゼンタトーン強めのカラフルなMVは、「レッド・サンダルウッド」を想起させる世界観でキュートです!また3度ある衣装替えのどのサリーもがキュートです、あなたは赤・緑・白のうちどのサリーが好みですか?MVをチェックしてみてね♪


Saamiとはテルグ語で"God"または"Husband"の意味。歌詞では主人公に恋をした女性が「あなたの隣にいると、あなたが私の旦那のように思えてくる」というラブソングです。キュートにスウィートに踊ってください!


(3)Naatu Naatu【クラス:G】

● 映画「RRR」(2015)

日本で大人気のテルグ語映画『バーフバリ』と同じ監督さん、S.S.ラージャマウリ監督の新作映画です。マドラスにて起きた20世紀初頭の反英闘争舞台に、2人の活動家に焦点を当てた映画です。

主人公のラーマ・ラージュー(本名:アッルーリー・シーターラーム・ラージュー)はアンドラ・プラディーシュ州の村の部族に崇められた存在でした。1882年にイギリス植民地政府が定めた法律で、森林内での活動が制限されると、部族民が彼の元に集まり、やがて反イギリス、反植民地主義の闘争へと発展しました。次第に武装闘争となり1922年には各地の警察署を襲う大規模な反乱が起きました。結局反乱は鎮圧され、イギリス軍に捉えられたラーマラージューは、村の木に縛り付けられて銃殺されます。


●  ダブル主演のN.T.R.ジュニアとラーム・チャーマ

この映画はN.T.R.ジュニアとラーム・チャーマという、テルグ映画界を代表する2人がダブル主演を勤めています。中でもN.T.R.ジュニアは俳優として活躍したあと、政治家としてアーンドラ・プラディーシュ州首相を務めたNTRの孫です。映画俳優が政治にまで影響を及ぼすようになったのはNTRが初めてと言われています。


彼自身は俳優としてテルグ語映画で活動しているだけでなく、クチプティのダンサーでもある通り、ダンスがとてもキレキレです。


美容系YouTuberの佐々木あさひさんが、様々なNTR. Jr.のMVをカバーして弟のHIROMUNIERUさんと一緒に踊っているのが面白いので、ぜひチェックしてみてください。こちらは、同映画『RRR』の別シーンで、あさひさんはアーリア・バット役を踊ってます。


● 曲と歌詞

この曲はウクライナにて撮影されました。撮影当時インドはコロナが大蔓延していたため、キ-ウにて撮影したそうです。監督によると、撮影時はその場所が戦争下になるとは想像もしていなかったとのこと。


歌詞の内容は、「インドのローカルのものは尖っててかっこいいぞ!」という母国愛を歌ったもの。1920年代のイギリスの貴族文化を前に、活動家がインドの強さを見せているシーンです。


(4) Arabic Kuthu【クラス:G,K】

● 映画『Beast』(2022)

今年4月14日に公開されたばかりの映画で、昨年BOLLYQUEが南インド特集を行った時に踊った曲「Chellamma」の映画と同じ人が監督を務めています。なんと5月にはNetflixでも公開されるようで、日本でも見れる事を願うばかりですね。内容は、タミルナドゥー州のチェンナイのショッピングモールが舞台で、元RAW(調査分析局)の主人公ヴェーラ(Veera)がテロに巻き込まれるアクションコメディー映画です。


● 主演のVisay (ヴィジャイ) さんが踊る本曲がメガヒットに!

主人公のヴェーラを務めたのは、BOLLYQUEでも以前踊った"Vaati Coming”でお馴染みのヴィジャイさんです。実はこの映画『Beast』は、ヴィジャイさんにとって65本目の主演映画だそう。さすがコリウッド界のNo.1人気の俳優さんですね!

2022年2月14日、バレンタインデーに映画公開を前にしてリリースされたMV"Arabic Kuthu"ですが、リリースして24時間以内に2500万回再生された大ヒットソングとなりました。曲名の通りアラブの音楽とクトゥ(タミル地方のフォークダンス曲)のフュージョンのダンスと音楽です。


● 曲と歌詞

サビの"ハラマティーハビブ"はアラビア語で「私は恋人の夢を見た)」と言う意味で、しっかりアラビア語の歌詞が含まれています。ちなみにアラビア語でハビビ(Habibi)は「大切な人、かわいい子、マイ ダーリン」などを表し、親しい人を呼ぶ際に日常で使われている言葉だそうです。

レッスンの振り付けもMVのシグネチャーステップを混ぜています。BOLLYQUEのインスタグラムでもBOLLYQUEのメンバーが踊ってるのでチェックしてみて!


(5) Thalolam Thumbippennale【クラス:K】

● 映画『Brother's Day』 (2019)

ケーララ州を中心にマラヤーラム語で制作された、通称モリウッド映画です。モリウッド映画はボリウッド映画よりも現実的なプロットが多いと言われています。


本映画はケーララ州の州都コチを舞台にしたコメディーサスペンス映画。アルコール依存症の父親の下で育った母親のいない兄と妹のお話だそう。

映画の評価はあまり良くなく、"見る時間がもったいない"と書かれる程でした。というのも、冒頭の父親からの虐待シーンが長く終始暗い内容だそう。


● ダヌシュ初のモリウッド映画作曲デビュー

本映画に出てくる以下のでは、映画『Maari 1』の"Maari Thera Local"(1曲目に紹介したもの)や『Maari 2』の"Rowdy Baby"(5月のDWS曲)で踊っているダヌシュが、初のマラヤーラム映画で歌手・作詞家として参加した事が話題になっています。



レッスンのご予約はこちら








レッスンで皆様にお会いできること、楽しみにしております!


BOLLYQUE

閲覧数:289回0件のコメント