【2月新曲紹介】イケメン、ランビール・シンの頭かいかいダンスを踊ろう!

実はイベントが目白押しだった、インドの1月。地域によって祝日の呼び名が違いますが、西インドでは「ローリー」と呼ばれ南インドでは「ポンガル」という春の訪れを祝うお祭りがありました。と思えば、1/26(水)はインド共和国記念日といって、1950年にインド憲法が発布されて共和国となったことを記念する日でした。


そして気が付いたら1月も終わり!2月も元気に新曲を取り入れて、ご自宅で踊りましょう!


Boollyqueのレッスンでは毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加しています。このブログでご紹介するMusic Video(以下MV)を見てから参加すると、楽しさ10倍です♪今月のレッスンを受ける前にぜひ予習をしてみてください!


各クラスのSpotifyプレイリストは

リンクをクリック!


チャメリクラス

チャメリ✖️ゲンダクラス

ゲンダクラス

カマルクラス


ボリウッドフィットネスが気になったらレッスンを早速予約してください♪体験レッスンは随時受付中です。

レッスンのご予約はこちら


※以下、クラス名の略称はC: Chamelee, G: Genda, K:Kamal


(1)Sajna, Say Yes to the Dress【クラス:C】

● 結婚式ソング

婚約指輪を渡されたときに”Say yes to the wedding ring”というのを捩って指輪の代わりにドレスをもらうという結婚ソング。インドの結婚式は、義母が新郎に牛乳と蜂蜜を渡したり、友達が新婦の靴を隠したり、新郎新婦が米を掛け合ったり、面白い儀式がたくさんあります。インドの結婚式に関してはいつか解説していきたいと思いますが、調べる限り「ドレス」を新郎から新婦にプレゼントするという事はないみたいです。伝統的には新婦側がドレスを用意するものの、現代では結婚費用は折半ということが多い模様。ただ、新婦のドレスは赤色という事は決まっているみたいで、PVの美しい赤いレヘンガは要チェックです!


● 歌詞

タイトルにもある"Sajna"とは"可愛い女の子"と呼びかける時に使う言葉。ぜひこの曲の中でも歌いながら踊ってみてください。


(2)Tip Tip【クラス:C/K】


● 映画「Sooryavanshi」(2021)

2021年ディワリのシーズンに公開された、大量の爆弾と豪華キャストで送る"お祭り映画"です。ストーリーはテロ目的でインドに爆弾が持ち込まれたことを知った警察が、それを見つけだしてテロを阻止するべく、テロ組織に立ち向かうもの。過去にムンバイ爆弾テロ事件で両親を失った主人公はムンバイのテロ対策部隊の一員であり、主人公を筆頭にムンバイ警察がテロの阻止に全力を注ぎます。


● 映画の豪華キャスト

 キャストがアクシャイ・クマール、カリーナ・カプールのダブル主演と豪華!さらに、友情出演でアジャイ・デーヴガンとランビール・シンも登場し、同じ監督のアクション映画「シンガム」と「シンバ」からそのまま飛び出してきた役として参加する点が面白いです。


 個人的には大好きなランビール・シン演じるシンバ役がコミカルすぎて大好きで、映画の全てを持っていってくれた気がします。主役と友情出演の3人で踊る曲がエンディングダンスが最後にあり、今後Bollyqueもカバーダンスを投稿する予定です!楽しみにしていてください。


● 曲「Tip Tip」

1994年にアクシャイ本人が主演した映画『Mohra』の挿入曲「Tip Tip Barsa Pani」のリメイクになります。27年越しに同じ曲を踊るなんて、なんとも考え深い設定ですね。27年後の今のアクシャイの方がかっこいいと思う方、挙手をお願いします。


(3)Bijlee Bijlee【クラス:G/K】

● 歌手 ハーディー・サンドゥー

20年以上クリケット選手として活躍した後、腕の負傷から引退し歌手に転向したハーディー。Bollyqueは以前ダンスカバーで、彼の「Kya Baat Ay」という曲をインスタで踊っています!


●  曲と振り付け

 "Bijlee"はヒンディー語で「雷」という意味。女の子を「雷」に喩えて、「徒然現れるシンデレラのように、僕は君に恋をしてしまった」というラブソング。

 この曲が昨年大ヒットした理由はその振り付けにあります!Bollyqueのインスタも含め、インスタグラムのリールで多くの人に踊られた振付を作ったのは、インド版の”SYTYCD( アメリカ発祥のダンスリアリティーショー)"に参加して一躍有名になったラジット・デヴです。彼は昨年この振り付け以外にも、"Chor Denge" (以下PV)も振付けて実績を残していることから、2022年も注目したい振付家です!


(4) Kusu Kusu 【クラス:G/K】

● 映画「Satyameva Jayate 2」(2021)

2018年にノラ・ファテヒが初めて大ヒットを飛ばしたミュージックビデオ「Dilbar」が使われた映画「Satyameva Jayate」の第2弾です。1も2、インドの警察の汚職を題材にした、ヴァイオレンス・アクション映画ということで怖そう。


● ノラ・ファテヒ

先程の曲の紹介文中でも、2021年にヒットしたノラが踊る別のPVをご紹介しましたが、この曲も数ある彼女の2021年のヒットソングのうちの一つ。


ノラは実はカナダ出身で、ルーツはモロッコに持っていますが、自分の事を「心はインド人」というようにヒンディー語やテルグ語の映画に多数出演しています。凄いのが、ダンスは全て独学ということ。22歳でテルグ映画にデビューをし、日本でも人気の「バーフバリ」シリーズにアイテムダンサーとしても登場しています。(以下PV)なんとなくまだ踊りにぎこちなさを感じるので、成長を感じますね。現在はTVのダンスリアリティーショーの審査員をしたり、女優もしたりと大活躍をしています。

● Kusu Kusuの振付

Bollyqueのフィットネスでは初心者でも踊れるよう、よりシンプルにした振付で踊りますが、より精密なPVのダンスチュートリアル動画を、ノラ本人が出しています。ぜひ4ヶ月後のレッスンでは、このベリーダンスの動きができるようになっていたいですね✨


(5) Tattad Tattad【クラス:K】

● 映画「銃弾の饗宴 ラームとリーラ」(2013)

インド映画界屈指の映像美学を追究するバンサーリー監督が放つ映像美あふれる大作。500年もの間、2つの部族が対立したグジャラートの村が舞台の映画です。片方の家の息子ラーム(ランビール・シン)は対立をよそに、ビデオショップを開いたり、女子にキャーキャー言われながらプー太郎生活をしていた。ラームはホーリー祭を機に女の子を漁りに対立する部族の地域に忍び込み、そこでリーラー(ディーピカ・パドゥコーン)と出会い恋に落ちるというロミオとジュリエット的な展開。なんといってもこの映画の主演の二人が現実世界でその後結婚したのが嬉しいお話!!


● 曲「Tattad tattad」

本映画のロミオことラームが登場するシーン。おちゃらけた感じとアクの強さが強烈な一曲です。PVにもあるこの頭カイカイする動きは、この曲が流れたらやりたくなる動き!ボリウッドソングが流れるパーティーでこの動きができたら、フロアを制すこと間違いなしです。そんな日の時のために、ぜひ踊れるようになりましょう。


レッスンのご予約はこちら


レッスンで皆様にお会いできること、楽しみにしております!


BOLLYQUE

閲覧数:205回0件のコメント