アカデミー賞受賞映画「スラムドック$ミリオネア」の有名曲を含む5曲が追加に!【7月新曲紹介 】

いよいよ夏も本番!ボリウッドフィットネスでさらに滝汗をかいて、絞りまくる2021年の夏へようこそ〜!今月のBollyqueの新曲は全部で5曲と、てんこ盛り!!7月は北インドのバングラソングが多めです。そして、アカデミー賞作品賞を受賞した映画「スラムドックミリオネア」のエンディングソングも。一度は耳にしたことがある方も、いらっしゃるかも?一押しの楽しい曲ばかりです。


Bollyqueではボリウッド映画を中心としたインド映画の曲を使って、ダンスフィットネスをオンラインで行っています。毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加し、中にはインドの最新ヒットソングも。このブログでご紹介するMusic Video(以下MV)を見てから参加すると、楽しさ10倍です♪


気になったらレッスンを早速予約してください♪体験レッスン、随時受付中です。


レッスンのご予約はこちら


クラス名の略称はC: Chamelee, G: Genda, K:Kamal


(1)Jai Ho【クラス:C,G,K】



● 映画:『スラムドック$ミリオネア』 (2008)

日本ではAmazon Prime Video やHuluでも観ることができる映画。インド人外交官ヴィカス・スワープの小説「Q&A」をもとに、イギリス映画として手がけられ、第81回米アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞を含む8冠に輝いた映画です。撮影はインドで行われ、この映画を機にインドのスラムで暮らす子供の劣悪な生活環境やインドの格差が、世界的な話題になりました。当時のスラム街の描写はリアルであると評論家からも絶賛されています。


映画は純愛ラブストーリー✖️シンデレラストーリー。ムンバイのスラム育ちの青年は、生き別れとなった初恋の相手との再会に希望をかけて、インド版人気テレビ番組「クイズ・ミリオネア」に出場し勝ち進みます。スラム育ちの学歴もない子供が勝ち進めるわけがないと、クイズの途中で警察署で尋問にあい、その回想の過程で彼の人生が語られてきます。


●この映画の作曲家 インド映画の作曲家の巨匠A. R. ラフマーン

サウンドトラックを担当したのは、チェンナイ出身の映画作曲家の巨匠A. R. ラフマーン。この映画で作曲賞、歌曲賞を受賞しています。インド映画は1人のアーティストに1映画のサントラを全て託すことが多く、彼が手がけた映画で日本でも有名なものの中には『ムトゥ 踊るマハラジャ』(1995)や『ラガーン』(2001)などがあります。私が今一番気になるロンドンミュージカル『ボンベイドリームズ』の作曲もしています。


Bollyqueのフィットネスで過去に使た曲やダンスをした曲も複数含まれているので作業用BGMとしてきいてみてください!


【YouTubeのA.R.ラフマーンのプレイリスト】


● 曲のポイント "Jai Ho"

映画が終わるや否やこの曲がエンディングとして流れ、登場人物が一気に踊り出します。歌詞の内容はストーリーとは全く関係ない音楽で、映画の鍵のシーンとなるムンバイの駅で踊っているのが印象的です。最初に紹介したYouTubeリンクは映画内に出てくるシーンを寄せ集めたトレイラー用動画ですが、2009年にイギリスのガールズグループPussy Cat Dollsがリミックスを歌い、そのバージョンが世界的にも有名になりました。今回のフィットネスではPCDバージョンで踊ります!



(2)Bhangra Paa Le【クラス:C】

● 映画: 『Bhangra Paa Le』 (2020)

これは6月にカマルクラスで踊った難しいバングラソングの映画と同じもの!この映画のタイトルトラックが、チャメリクラスにカムバックします。内容としては、祖父と主人公の2世代に渡るバングラダンスの話。祖父は戦時中に前線で戦いながらもバングラを踊り、息子は大学対抗のバングラダンス選手権で世界にバングラを広めるべく奮闘する。伝統的なバングラと現代的なバングラを両方一つの映画で見れるのが楽しそうです。


● 曲のポイント 『Bhangra Paa Le』

ダンスバトルの映画であることから、このMVも終始踊っていて見応えがあり!色々な振りが出てきますが、フィットネスの随所に特徴的な動きが散りばめられています。


よく出てくる掛け声「 Bhangra paale ... aaja aaja」とは「Let's dance ... come on」という意味。手で相手を招きながら、"Aaja Aaja"と一緒に歌って踊りましょう!


実はこの曲、1995年のシャールク・カーンとサルマン・カーンが兄弟役で奇跡の共演を果たた映画の1曲。M Vのセンターの女性は、当時シャールクとの黄金ペアであったカジョル。歴史的な超豪華ダンスです。この時の映画の舞台はインドの北西部ラジャスタンのため、女性の衣装の刺繍がラジャスタン柄なのも、現代版"Bhangra Paa Le"との大きな違いです。


(3)Shor Machega【クラス:G】

● 映画:「Mumbai Saga」(2021) 

今年の3月に公開したばかりのアクション犯罪。90年代前半のムンバイを舞台にした、マフィアと賄賂で動く警察、犯罪の話。血と銃弾まみれの映画です。


● Music Videoのダンサー Shruti Shinha

若干22歳の美女Shruti Shinha。ボリウッド映画デビュー作がこの映画で、これから大注目のアイテムダンサーとなりそうです。カタックからポールダンスまで踊りこなすダンサーで、これからの活躍が楽しみです。美人から目が離せないInstagramアカウントもぜひチェック!

Shruti's Instagram Account


● 曲・歌詞のポイント

「Machega Shor」は"Shor" = "Noize" 、"Machega"="cause"ということで、よくライブであるような"Make noize."といった掛け声。曲の歌詞も特に意味のないラップですので、皆さんも一緒に「ショール」と叫びながらストレス発散しましょう!


(3)Brown Munde【クラス:K】


● Punjabi歌手 AP Dhillon 

パンジャブ音楽を手がけるインドの歌手、ラッパー、ソングライター、レコードプロデューサーのAP Dhillon。彼のシングルのうち5つがイギリスのトップチャートにランクインするほど、国内外でも人気を集めています。


● 曲・歌詞のポイント 

”Brown Boys"という意味のタイトル通り、インド人男性(特にPunjab)のかっこよさをつらつら自画自賛した歌詞。

ザ!Punjabiヒップホップといった雰囲気のMVです。少し偏見も入りますが、Punjabiラップのミュージックビデオの多くが、実利主義の男性にとっての「成功」をてんこ盛りに乗せたものが多いです。金、車(しかもランボルギーニ)、酒、タバコ、女を出して、その周りで歌うといった感じ。


(4)Mere Angne Mein【クラス:K】


● 曲・歌詞のポイント

この曲はこんなにもしっかりMVが作られているにもかかわらず、映画の1シーンではなく、普通のMV。そして、昔の曲のRemixでもあります。昔の曲は、若かりし頃のアミターブ・バッチャンが主演を演じた映画『Laawaris』(1981)の1曲で、次々と女装するイケメンバッチャンの七変化が可愛らしいです。