6月新曲紹介 :Tamil Month! 南インドのタミル映画の曲でフィットネス

最終更新: 6月2日

そいよいよ梅雨に入りし、湿気でさらに汗をかく時期になりましたね。Bollyqueでは毎月新しい曲を数曲ずつセットリストに追加しています。6月は念願のTamil Month♪今月はタミル語映画で使われている曲を4曲ほどセットリストに追加したので、このブログでご紹介します!


タミル映画ってどんなのがあるの?南インドの踊りってどんな特徴があるの?と疑問がある方も楽しく読んでいただけると思います♡最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

タミル映画とはインド映画のうちタミル語で製作された映画で、インド南部のタミル・ナノドゥ州チェンナイに拠点を置く映画産業です。映画産業の中心地チェンナイ市内のコーダンバーッカムにちなんで「コリウッド(Kollywood)」とも呼ばれます。


日本では南インド映画を中心に上映する「インディアンムービーウィーク」が開催され、意外とタミル映画もよく観られています。日本でインド映画が流行るきっかけとなったムトゥ踊るマハラジャ』(AmazonとHuluで視聴可)もコリウッド映画です。タミル映画の特徴は、比較的社会派の映画が多い点。タミルの人は自分の住む地域に誇りを持っている、地元愛あふれる登場人物はたくさん。そして出てくるダンスが、なんといっても激しい。


南のダンスについて。フォークダンスで代表的なのはクトゥダンス(Kuthu dance)。ストリートダンスで有名なのはガーナ(Gaana)。両方ともとにかく激しく、腕も大きく降って頭も振りまくる、フィットネスにはぴったりの要素がたくさんあります。また、インド4大古典舞踊のひとつで、神に奉納する舞踊である「バラタナティアム」も南インド発祥。南特有の踊りがどんなものか、MVと合わせてご紹介していきます!


そして気になったらレッスンを早速予約してね♪


レッスンのご予約はこちら