日本のNetflixで見れる最新インド映画で、BOLLYQUE 1周年をお祝い!

このブログでは、日本のNetflixで見れる最新ボリウッド映画「最後の願い」の紹介と、その映画の中のダンスにぴったりの赤くシンプルなお手頃インド服をいくつかご紹介したいと思います。


というのも、2020年8月にBOLLYQUEが1周年を迎えることを記念して、オンラインイベントを開催予定です。そこのイベントの1つ「ボリウッドダンスワークショップ」では「最後の願い」の劇中歌「Jee Ni Karda」の曲で踊ります!


イベントにご参加される方はぜひ読んでいただきたいですし、最新のボリウッド映画を見たい!という方にも読んでいただきたい内容です。


まずは改めまして、BOLLYQUEメンバーの皆様、Bollyqueのボリウッドフィットネスを楽しんでくださりありがとうございます!

ボリウッドダンス・フィットネスをきっかけに皆様と出会えた貴重なご縁に心から感謝しています。皆さんが楽しく踊っている姿に私どもも元気をもらっていますし、何より皆様の日々の成長に驚かないされております!何歳になっても新しいことに挑戦し、全力で楽しむ姿に感動しております。そして「めっちゃ楽しい!」「ボリウッドを踊らないなんて人生損している!」という言葉をいただき、改めてBollyqueをはじめて良かったなと実感します。ボリウッドを通して、皆様の生活がもっと楽しいものになればと願っております。


BOLLYQUE一周年を記念たメンバー限定のアニバーサリーダンスワークショップとダンスフィットネスについては、1周年イベントページをご参照ください♪またご不明点ございましたらいつでもお問い合わせください。


■アニバーサリーダンスワークショップの曲紹介



ダンスワークショップ当日まで、振付は非公開(レベルは★★☆)ですが曲はこちら!

曲は「いかにもボリウッド」と言ったような、北インドの音楽バングラがビートに刻まれて楽しいですよね! シーンとしては、自分たちが引越し作業をしていた町で行われた隣人の結婚式。やはりインド映画のダンスシーンで一番盛り上がるのは結婚式のシーンですね。無理矢理ダンスを入れるために他人の結婚式のシチュエーションを入れ込んだ感が否めないですが、だからこそストーリとは関係なく思いっきり楽しんで踊れる曲でもあります。


■映画「最後の願い」"Sardar Ka Grandson"

Netflix公式トレーラー引用


この映画は珍しくも日本のNetflixで見れる最新インド映画。久しぶりに良いボリウッド映画に出会えた!というのが所感。歌や踊りも程よく映画に入り込み、インドパキスタン問題を題材にした市民の苦境についても取り上げられ、ボリウッド映画のお気楽な要素に少し社会的な問題を盛り込み、見応えがある映画です。


1947年8月14日にインドがイギリスから独立する際に東西パキスタンが分断された際、主人公の祖母サルダールは夫が殺されながらも、息子一人を連れてインドへ身一つで逃げます。その祖母が癌になり寿命が短いとわかってから、独立前に住んでいた現パキスタン側にある家を一度でも見たいというのが「最後の願い」。祖母の危篤を聴いて、アメリカからインドへ急いで帰国した主人公はその願いを叶えようとします。


植民地から独立した際に宗教の違いからインドとパキスタンが分断された事実は学校の教科書で習いますが、そこにある市民一人一人のストーリーまでは取り上げられません。宗教は違えど普通に過ごしてきた人々が、政治的理由からその生活を奪われる経験をするということが再度歴史において繰り返されないよう、しっかりと後世に語り継がなくてはならないと思います。が、その一方どうしても教育では「植民地は良くなかった」「宗教によって分断されました」「今でもわだかまりがあります」しか語られません。その"歴史の失敗を後世に語り継ぐ必要性"を祖母と孫の3代に渡る登場人物によって、コンパクトにそして個の感情にしっかりと」フォーカスして描写されていました。


そして祖母役を演じているニーナ・グプタは沢山のボリウッド映画で大活躍していますが、さすがの演技力。最後は涙ありのエンディングでした。


インドの最新映画が日本で字幕付きで見れることはなかなかないので、ぜひ見てみてください♪


■ダンスワークショップの曲"Jee Ni Carda"のインド服

シーンの場所はパキスタン。パキスタンの国境付近Punjab地方の音楽&踊り"バングラ"の踊りがこの踊りのテーマです。

主人公の奥さん役Rakul Preetがこの曲で着ている赤いクルティがとても可愛い!ぜひボリウッドダンスワークショップに参加される方、また撮影をしてダンス動画に参加して下さる方はインド服をゲットして踊ってみては?


インド服をどこで買えば良いかわからない!という方のために、インドのオンラインショップから、お手軽価格で購入できるインド服赤色をご紹介。オンライン上でクレジットカードで支払い、(コロナによる輸送状況や在庫状況にもよりますが)1-2ヶ月で届くものがほとんどです。


  1. Bunnai "Sheer Red Suit Set" (3,400円程度)

2. Bunnai "Scarlet Red Embellished Satin Dress" (6,750円程度)



3. Indya "Oxblood Floral Collared Tunic" (2850円)

他にも、同じサイトの別の商品などをチェツクしてご検討してみてください!

皆様のイベントへのご参加、楽しみにしております。